So-net無料ブログ作成
検索選択

<普天間移設>辺野古の可能性低い 沖縄県知事(毎日新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は25日、報道陣の取材に応じ、米軍普天間飛行場移設問題について「国が辺野古には持ってこないんじゃないか。与党3党を中心とした候補者が『辺野古反対』で当選されたから」と述べ、辺野古移設の可能性が低くなったとの認識を示した。

 辺野古移設を条件付きで容認してきた従来の方針については「政府・与党が見直していて5月に決めると鳩山首相も言っている。その結果を見て判断するしかない」と述べ、自ら辺野古移設を否定する考えはないことも示した。【三森輝久】

【関連ニュース
名護市長選:県外移設の圧力増す…米各紙が結果を詳報
普天間代替:退路断たれた政府 「5月決着」微妙に
名護市長選:4度目に「移設ノー」 稲嶺氏「公約貫く」
名護市長選:県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に
名護市長選:24日に投開票 普天間移設に影響

銘酒は名水から 吹雪の中での「寒九の水くみ」(産経新聞)
小沢幹事長の公表文書全文<1>(読売新聞)
新規技術2件を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。